本文へスキップ

放射線業務従事者教育訓練(継続者)

放射線業務従事者教育訓練(継続者)

年1回、放射線業務従事者教育訓練(継続者)を開催しています。

前年度に引き続き非密封放射性同位元素、密封放射性同位元素、加速器や発生装置を取り扱う場合、「放射性同位元素等の規制に関する法律施行規則第21条の2第1項」により、前回の教育訓練を行った日の属する年度の翌年度の開始の日から1年以内に教育訓練(再教育)を受講することが義務付けられていますので、忘れずに受講してください。
※1MeV未満のX線装置装置のみ利用の方(C区分)は、受講の必要はありません。


対象:前年度に引き続いてA区分・B区分の放射線を取扱う学生および職員

1年以上教育訓練を受講していない方、以前に他の事業所で放射線業務に従事していた方は事前にご相談ください。

継続して放射線業務従事者となる方

今年度に引き続き、来年度も放射線業務従事する場合お手続きが必要です。

学外の放射線実験施設のみを利用する方(KEK、SPring8、放医研、理化学研、他大学等)

必ず、特殊健康診断の受診、ガラスバッジの取得、教育訓練が必要となります。
この三要件を満たした後、学外の放射線実験施設に提出する書類を放射線総合センターにご提出ください。
学外の放射線実験施設のみ利用される方のお手続きについてはこちら

教育訓練開催予定について

スケジュールはこちらからご確認ください。

国立大学法人 東京工業大学
放射線総合センター

放射線従事者管理チーム

〒226-8501
神奈川県横浜市緑区長津田町4259 B-113 (B1B2-A棟 4階)

inquiry@ric.titech.ac.jp

メールBox:すずかけB-113

リンク先

東京工業大学 放射線総合センター






English
English