本文へスキップ

東工大で放射線(X線)をお使いになる人は必ずお読みください

特殊健康診断(放射線)についてSPECIAL MEDICAL CHECKUP

初めて管理区域に入る前に1度、特殊健康診断を受診しなければなりません。

※管理区域外で1MV未満のX線装置のみを扱う方は受診の必要はありません。

電離則では、管理区域に立ち入った後、6か月ごとに受診しなければなりません。
東工大では4月と10月に特殊健康診断(放射線)が行われています。
必ず、半年に一度は特殊健康診断(放射線)を受診してください。
学生も同様に半年ごとに受診して下さい。
初めて特殊健康診断を受診されるときは事前のお申し込みが必要となります。
一般健康診断とは異なりますのでご注意ください。

注意)継続して特殊健康診断を受診していても、一回でも未受診の場合、受診者のリストから
外れてしまいますので、次回の健診のお知らせが届かないことがあります。
受診できなかった方は、必ず下記にお問合せください。

お問合せ先

この特殊健康診断(放射線)は事前申し込みが必要です。職員と学生では担当窓口が異なります。
ご不明な点は、下記までお問い合わせください。

職員:人事課労務室 人材育成グループ 職員健診担当(内線7186)
職員健康診断問い合わせ先:shoku.kenshin@jim.titech.ac.jp

学生:保健管理センター(大岡山)   (内線2057)

学生健康診断問い合わせ先:hoken.kenshin@jim.titech.ac.jp

※4月、10月の定期健康診断を出張などで受診できなかった方も、上記の担当部署にお問い合わせください。
放射線を扱うことになったら、半年に一度、特殊健康診断を受診しましょう。

特殊健康診断とは・・・

放射線を使うための健康診断は他の健康診断とは違います。
一般の健康診断で行わない検査項目などもありますので
必ず、放射線を扱う旨を伝えて特殊健康診断(放射線)を 受診してください。

特殊健康診断の内容 
問診 被ばく歴の有無、
被ばく歴ありの場合:(作業場所、内容、期間、線量、放射線障害の有無、
被ばくの状況
検査または検診    イ)末梢血液中の血色素量またはヘマトクリット値、赤血球数、
   白血球数、 白血球百分率
 ロ)皮膚
 ハ)眼
※継続の方は問診の内容によっては省略できる場合もあります。ご相談ください

国立大学法人 東京工業大学
放射線総合センター

全学放射線安全管理室

〒226-8501
神奈川県横浜市緑区長津田町4259 B-113 (B1B2-A棟 4階)

TEL 045-924-5948・5897

inquiry@ric.titech.ac.jp

メールBox:すずかけB-113

リンク先

東京工業大学 放射線総合センター






English
English