学内の放射線実験施設を利用せず、学外の放射線実験施設のみを利用する方

学外放射線実験施設で放射線業務従事者になる方は、学外放射線施設に書類を提出する都度以下のT2Formよりお申し込み下さい。
これまでご提出いただいていた様式1-2および学外放射線施設への証明書依頼の提出は必要ありません。

詳しくはこちらのページもご確認下さい。 ■学外放射線実験施設宛書類提出承認方法変更のお知らせ

■注意事項

以下の事業所にて放射線業務従事者登録をしている方は、放射線総合センターでは承認できません。各事業所にお問い合わせ下さい。

  • 科学技術創成研究院ゼロカーボンエネルギー研究所
  • 放射線総合センター放射線実験施設
  • 理学院学生実験室

放射線業務従事者になるためには以下の条件を満たしている必要があります。

■今年度に放射線業務従事者登録を行う場合

  • 教育訓練を受講していること。
    • 新たに放射線業務従事者登録する人(新規者)は、放射線業務従事者教育訓練【講習(e-learning)】と【実習】の両方を受講済みであること。
    • 前年度より継続して放射線業務従事者登録する人(継続者)は、直近の放射線業務従事者教育訓練(継続者)講習を受講済みであること。
  • 特殊健康診断(電離放射線健康診断)を受診し、【業務従事可】の判定が出ていること。
  • ガラスバッジを取得していること、もしくは取得手続き済みで実験開始日までにガラスバッジを取得できること。

■あらかじめ年度末に来年度の放射線業務従事者登録を行う場合(継続して放射線業務従事者登録をされる方のみ。)

  • 今年度の教育訓練を受講していること。
  • 10月の特殊健康診断(電離放射線健康診断)を受診済みで、【業務従事可】の判定が出ていること。
  • ガラスバッジを取得していること、もしくは取得手続き済みで実験開始日までにガラスバッジを取得できること。

■SPring-8へ行かれる方へ

2022年1月よりWEBシステムより申請できるようになりました。
ペーパーレス化が推奨されておりますので、紙ではなく理研播磨事業所のWEBシステムよりご申請下さい。
※理研播磨事業所WEBシステムから申請する際の記入例や注意事項は こちらをご確認下さい。

■J-PARCへ行かれる方へ

    以下の場合認定登録されませんのでご注意下さい。

  • J-PARCに書類が到着した日を基準に、特殊健康診診断日から半年(学生の場合は1年)が経過、または教育訓練実施日から1年が経過している場合。

    特殊健康診断の医師名は以下のようにご記載下さい。

  • 大岡山キャンパスの方  :福岡 俊彦
  • すずかけ台キャンパスの方:丸谷 俊之

■学外施設へ提出する書類の注意事項

学外のみを利用する方の所属を統一することになりました。
以下をご参考に入力をお願いいたします。
ご記入の方法や不明点などはinquiry@ric.titech.ac.jpまでお問合せください。
所属機関名 国立大学法人東京工業大学 放射線総合センター
代表者職名 センター長
代表者名(責任者名) 林﨑 規託
放射線取扱主任者 第一種放射線取扱主任者 河野 俊之
住所 〒226-8501
神奈川県横浜市緑区長津田町4259 B-113
電話番号 045-924-5948
E-mail inquiry@ric.titech.ac.jp