本文へスキップ

東工大で放射線(X線)をお使いになる人は必ずお読みください

放射線利用の案内

放射線総合センターのHPへようこそ。
あなたが放射線やX線を扱うことになったとき、東工大ではどのような手続きが必要になるのでしょうか?
登録方法や教育訓練、健康診断、ガラスバッジなど、このHPでご案内します。
学外放射線施設のみをお使いになる方も、東工大での【学外施設放射線施設利用者】の登録が必要となります。

お知らせtopics

    **新型コロナウィルス拡大防止対策により、縮小体制で業務を行っております。**
           **お問合せはメールにてお願いいたします**
更新:2020年10月21日
2020年度 放射線総合センター主催 各種講習会について
 ★(受講申込は締め切りました)第2回 放射線業務従事者(新規者)教育訓練(日本語)
  対象:初めて放射姓同位元素(RI)、放射線発生装置(加速器)、学外加速器・放射光施設を
     利用する方
  開催方式:講義(eラーニング講習)および実習
       ※実習は先導原子力研究所、大岡山(B区分)、すずかけ台(A区分、B区分)で実施
       ※放射線業務従事者の登録には、講義・実習双方の修了が必須です。
  受講申込受付期間:2020年10月12日(月)~10月16日(金)*終了*
  受講期間等の詳細はコチラです。
 
  ※「英語コース」は
10月下旬よりご案内を開始します。
  ※第3回 新規教育訓練は、2021年1月に開催予定です。

 ★
(申込受付一時停止中) 2020年度 放射線業務従事者(継続者)教育訓練
  10月19日朝をもって、追加受講申込の受付を一旦終了しました。
  現在受講中の全ての方の修了が確認でき次第、追加受講申し込みを再開します。
  (12月頃を予定)
  (講習概要)対象:前年度に引き続いてA・B区分の放射線を取り扱う学生及び教職員
           *2020年9月に修了(東工大を卒業)の方も、今年度分の再教育は必須です。*
        開催方式:eラーニング講習(約2時間)
  
 ★(次回予定は11月下旬〜12月です)2020年度 第2回 1MeV未満のX線装置取扱者(初心者)講習会
  開催形式は検討中です。詳細が決まりましたらお知らせします。
  

学外放射線施設への証明書に関し、所属機関代表者の入力項目(放射線取扱主任者氏名)が
 「河野 俊之」先生に変更になりました(6月より)。
  放射線取扱主任者氏名: 河野 俊之
 と入力してください。
 併せて「学外施設のみ」のページもご参照ください。

【J-PARCへの証明書(様式2-1 立入許可願)注意事項】
  J-PARCに書類が到着した日を基準に、特殊健康診診断日から半年(学生の場合は1年)が経過、
  または教育訓練実施日から1年が経過している場合は認定登録されません。
  (証明書内に教育訓練実施日、特殊健康診断実施日を記載する欄あり)
  上記を十分に考慮の上、書類はお早目にご提出ください。

【学外施設(SPring8、KEK、J-PARCなど)への証明書の捺印には1〜2週間程かかります】
 
 放射線総合センター 全学放射線安全管理室に申請書類をお持ちいただいた場合、受付はいたしますが
  捺印処理の都合上、当日中の証明書発行は出来ません。大岡山⇔すずかけ台間の学内便往復時間も考慮の
  うえ、余裕を持って申請くださいますよう、皆様のご協力をお願いいたします。
  また、担当者が不在となる時間もありますので、お電話がつながらない場合はメールにてご連絡ください。


【すずかけ台のガラスバッジについて】*詳しくはガラスバッジのページをご覧ください。
  各研究室に「ガラスバッジ申請担当者」を事前登録いただいております。
  ガラスバッジの追加、変更、中止のご連絡は、各研究室のご担当者様を通じて申請してください。
  ガラスバッジを初めて使用する研究室の方は、放射線総合センター ガラスバッジ担当者まで
  ご連絡ください。(内線:5948、5897 inquiry@ric.titech.ac.jp)

 



国立大学法人 東京工業大学
放射線総合センター

全学放射線安全管理室

〒226-8501
神奈川県横浜市緑区長津田町4259 B-113(B1B2-A棟 4階)
TEL 045-924-5948・5897

inquiry@ric.titech.ac.jp

メールBox:すずかけB-113

リンク先

東京工業大学 放射線総合センター






English
English
講習会(