本文へスキップ

東工大で放射線(X線)をお使いになる人は必ずお読みください

教育訓練(教育訓練には新規教育訓練と継続教育訓練があります)

放射線業務従事者登録(新規者)教育訓練

新規教育訓練は毎年4月、8月、10月、1月(1年に4回行われています)
※1MV未満のX線装置のみ取扱者(C区分)講習会は4月、10月(年に2回開催予定)

この講習会は初めて放射線業務従事者として登録する人(新規者)が受講しなければならない、
法律で定められた教育訓練です。
初めての放射線 (←区分や手続きなどが不明な方はこちらをみてください)
この講習会は事前申し込みが必要となります。(受付締切日までに申し込んでください。
※開催日の1カ月前くらいからお申込みがはじまります。
お申込はTOP PAGEから!

放射線総合センター年間スケジュールを参考にしてください。


※申込時に特に問合せの多い区分についてここで説明いたします。

 取扱区分 研究・業務内容 
A区分  非密封放射性同位元素の取扱業務
(開封状態で化学物質としての放射性同位元素を取扱業務)を行う場合
B区分   高エネ研、Spring8、日本原子力研、放医研、理化学研などを利用する場合
放射線発生装置、放射光施設、密封放射性同位元素の取扱をする場合
管理区域内にあるX線装置やNMR等、そのたの機器を使用する場合
C区分  管理区域に立ち入ることなく放射線またはX線(「それらを発生させる装置」
および「エレクロトンキャプチャディテクターを装備したガスクロ」を含む)を利用する場合
(すでに利用している人で新規教育訓練を一度も受講したことがない人も受講することが望ましい)
および、放射線障害防止法の規制を受けない密封線源を取扱う場合。
※「放射線またはX線を発生させる装置とは各種X線回析装置などで、
判断に迷われる場合は放射線総合センターにお問合せください。機器の例


申込区分がわからない方、以前ほかの事業所などで放射線およびX線取扱等業務に従事していた方は
放射線総合センターに申込前にご相談ください。
内線:5948 or 6332
mail:inquiry@ric.titech.ac.jp
※この教育訓練は法律により受講時間が定められています。
当日の遅刻・早退は一切認められません。講義を受講していないと実習にも参加できませんのでご注意ください


放射線業務従事者登録(継続者)教育訓練(通称:全学講習会)

毎年、5月に放射線業務従事者(継続)教育訓練(通称:全学講習会)を開催しています。
放射線総合センター年間スケジュールを参考にしてください。

放射線業務従事者(RIまたは放射線発生装置を利用する方)登録をされている方が今年度も
引き続き同様の業務に従事する場合、1年ごとに再教育訓練として受講しなければならない、
法令で定められた教育訓練です。※C区分の方は受講する必要はありません。

☆1年以上、教育訓練を受講していない方、以前に他の事業所で
 放射線業務に従事していた方は事前に御相談ください。☆




※5月の放射線業務従事者登録(継続者)教育訓練(通称:全学講習会)を受講できなかった方は
ご連絡ください。不定期ではありますがビデオ講習会を開催して対応をしています。
内線:5948 or 6332
mail:inquiry@ric.titech.ac.jp

放射線総合センター

〒226-8501
神奈川県横浜市緑区長津田町4259 B-113

TEL 045-924-5948

inquiry@ric.titech.ac.jp

(内線6332)

メールBox:すずかけB-113

担当者:寺田・丹羽・佐々木

放射線総合センター4F
全学放射線安全管理室
リンク先

東京工業大学 放射線総合センター







English