本文へスキップ

東工大で放射線(X線)をお使いになる人は必ずお読みください

教育訓練(新規者・継続者)

放射線業務従事者登録(新規者)教育訓練

初めて放射線業務従事者として登録する人は、教育訓練の受講が法律で義務付けられています。
東工大では、研究・業務内容によって大きく3区分に分かれています。
該当する区分の教育訓練を受講して下さい。

 取扱区分 研究・業務内容 
A区分 非密封放射性同位元素の取扱業務
(開封状態で化学物質としての放射性同位元素を取扱業務)を行う場合
※B区分の内容も含みます。
B区分  高エネ研、Spring8、日本原子力研、放医研、理化学研などを利用する場合
放射線発生装置、放射光施設、密封放射性同位元素の取扱をする場合
管理区域内にあるX線装置やNMR等、そのたの機器を使用する場合
C区分 管理区域に立ち入ることなく放射線またはX線(「それらを発生させる装置」
および「エレクロトンキャプチャディテクターを装備したガスクロ」を含む)を利用する場合
および、「放射性同位元素等に関する規制法」の規制を受けない密封線源を取扱う場合。
※「放射線またはX線を発生させる装置」=各種X線回析装置など。
判断に迷われる場合は放射線総合センターにお問合せください。


<A区分・B区分で登録を希望する方>
・【講義(eラーニング)】課題合格と【実習】参加、が修了条件です。
・【実習】は利用区分に分かれて実施します。 どの実習に参加したらよいかの確認はコチラから。
・実習開催の都合上、eラーニング講習は年4回(4月/6-7月/10月/1
月)開催の予定です。

<C区分に該当する方>
・eラーニング講習を年2回開催しています(5月、10月)。

初めての放射線 (←区分や手続きなどが不明な方はこちらをみてください)

申込区分がわからない方、以前ほかの事業所などで放射線およびX線取扱等業務に従事していた方は
放射線総合センターに申込前にメールでご相談ください。
mail:inquiry@ric.titech.ac.jp

放射線業務従事者登録(継続者)教育訓練(通称:全学講習会)

放射線業務従事者(RIまたは放射線発生装置を利用する方)登録をされている方が今年度も
引き続き同様の業務に従事する場合、1年ごとに再教育訓練として受講しなければならない、
法令で定められた教育訓練です。※C区分の方は受講する必要はありません。

開催時期:6月下旬~
開催方式:eラーニング講習

☆1年以上教育訓練を受講していない方、以前に他の事業所で放射線業務に従事していた方は
 事前に御相談ください。☆


国立大学法人 東京工業大学
放射線総合センター

放射線従事者管理チーム

〒226-8501
神奈川県横浜市緑区長津田町4259 B-113 (B1B2-A棟 4階)

inquiry@ric.titech.ac.jp

メールBox:すずかけB-113

リンク先

東京工業大学 放射線総合センター






English
English