本文へスキップ

東工大で放射線(X線)をお使いになる人は必ずお読みください

管理区域に立ち入らず1MV未満のX線装置を利用する方

管理区域に立ち入らず1MV未満のX線装置を利用する方

管理区域に立ち入ることなく、放射線またはX線(「それらを発生させる装置」および
「エレクトロンキャプチャディテクターを装備したガスクロ」を含むを利用する場合。
放射線障害防止法の規制を受けない密封線源を取り扱う場合

東工大では教育訓練が必要となります。(教育区分:C区分)
すでに利用している人で新規教育訓練を1度も受講したことがない人も受講することが望ましい。

新規教育訓練のお申込みが1か月前から始まりますのでWebから申込、C区分の講習会を受講してください。

※C区分に関しては講習会の受講のみです。
次年度からの継続教育訓練を受講する必要はありません。

C区分の方は特殊健康診断(放射線)の受診の必要はありません。

利用にあたっては研究室等によって異なりますので装置管理者、研究室等にお問合せください

推奨:X線装置には強力なX線があります。万が一、外に漏れてしまうとも限りません。
    ガラスバッジの装着をお勧めいたします。

放射線またはX線を発生させる装置

「放射線またはX線を発生させる装置」とは、各種X線解析装置などで、
判断に迷われる場合は放射線総合センターに
お問合せください。
機器の例

1MeV未満のX線装置を購入する方または設置する方


1MeV未満のX線装置を購入や設置に関しては
施設運営部安全企画室 安全管理グループ(内線:3409)に
お問合せください。

放射線総合センター

〒226-8501
神奈川県横浜市緑区長津田町4259 B-113

TEL 045-924-5948

inquiry@ric.titech.ac.jp

(内線6332)

メールBox:すずかけB-113

担当者:寺田・丹羽・佐々木

放射線総合センター4F
全学放射線安全管理室
リンク先

東京工業大学 放射線総合センター







English