長ご挨拶 沿革 組織 運用規則 書式
業務内容 設備・装置の紹介 スタッフ 建物平面図 MAP

学内向け情報 利用の手引 教育訓練 講習室の予約

運用規則
※こちらは旧アイソトープ総合センターからの運用規則です。最新版は準備中です。

(趣旨)
第1条
この規則は、東京工業大学(以下「本学」という。)におけるアイソトープ総合センター(以下「センター」という。)の組織及び運営等について、必要な事項を定めるものとする。
(目的)
第2条
センターは、放射性同位元素等(以下アイソトープという。)を利用する教育研究に供するとと
もに、本学におけるアイソトープに係る安全管理及び、教育・訓練に関し中心的役割を担い、もって教育訓練の進展に資することを目的とする。
(組織)
第3条
センターに次の職員を置く。
一 センター長
二 助教授
(センター長)
第4条
センター長は本学の専任教授をもって充てる。
2 センター長は、センターの業務を総括する。
3 センター長の選考に関する規則は、別に定める。
(教官選考)
第5条
センターの教官選考については、別に定める。
(運営委員会)
第6条
センターに運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。
2 委員会は、センターの運営に関する基本的な方針、その他重要な事項を審議する。
(委員会の組織)
第7条
委員会は次に掲げるものをもって組織する。
一 第3条第1号及び第二号に掲げる者
二 理学部教授会構成員のうちから教授会が選出した者1人
三 工学部教授会構成員のうちから教授会が選出した者1人
四 生命理工学部教授会構成員のうちから教授会が選出した者1人
五 大学院総合理工学研究科教授会構成員のうちから教授会が選出した者1人
六 大学院情報理工学研究科教授会構成員のうちから教授会が選出した者1人
七 大学院社会理工学研究科教授会構成員のうちから教授会が選出した者1人
八 各附置研究所教授会構成員のうちから各教授会が選出した者各1人
九 遺伝子実験施設長
十 炭素循環素材研究センター長
十一放射性同位元素実験室長
十二アイソトープトレーサー実験室長
十三その他学長の指名する者  若干人
十四 事務局長
2 前項第2号から第8号まで、及び第13号に掲げる委員の任期は、2年とし、再任を妨げな
い。 ただし、補欠による委員の任期は、前任者の残任期間とする。
(委員会の運営)
第8条
委員会に、委員長及び、副委員長を置く。
2 委員長は、センター長をもって充てる。
3 副委員長は、委員のうちから委員長が指名する。
4 委員長は、委員会を収集し、その議長となる。
5 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故があるときにはその職務を代行する。
第9条 委員会は、専門事項を審議するため、専門委員会を置くことができる。
2 専門委員会の設置及び組織等については、委員会が定める。
第10条 委員会は、必要があると認めたときは、委員以外の出席を求め、その意見を聴くことができる。
第11条 委員会に幹事を置き、研究協力部長、総合理工学研究科等事務部長、理学部事務長、工学部等事務長及び原子炉工学研究所事務長をもって充てる。

HOME